製品情報

医療用検査機器

血小板凝集能測定装置 ヘマトレーサー804

血小板凝集能測定装置 ヘマトレーサー804
  • 血小板凝集能測定装置 ヘマトレーサー804カタログ PDFダウンロード

本機は、PRP法に基づく血小板凝集能検査に使用します。

長年にわたる製造実績をベースに改良を加え、利便性・小型化・軽量化を追求し、パソコン解析のできる高性能を維持しつつ一般病院でも使用しやすい小型装置としました。

特徴

  • 実績のある最大凝集率、解離率、凝集パタ-ン等の表示、印字に加え、血小板凝集能を総合的でわかりやすく判断できる2濃度判定値を算出、凝集能を9ランクに分けて表示、印字できます。
  • 専用4連マルチピペットの利用でADPとコラーゲン惹起剤の各2濃度をワンショットで添加できます。
  • 1日当たり12~14例の検査ができます。
  • 全血法に比べ精密検査が可能です。
  • 血小板の凝集能亢進、凝集能低下、血栓症の検査診断に最適です。
  • 測定から結果のプリントアウトまで自動です。
  • コストパフォーマンスが良く経済的です。

[ 届出番号 13B3X00029000804 ]
一般医療機器
特定保守管理医療機器

総販売元 (株)エル・エム・エス

測定原理 透過光検出による比濁法
測定チャンネル 4 チャンネル
測定検体 PRP(多血小板血漿)
比較検体 PPP(乏血小板血漿)
検体量 200μL / ch
惹起剤添加量 ADP(10μM、30μMを各々22μL)
Collagen(2.5μg / mL、20μg / mLを各々22μL)
(終濃度 1 / 10)
測定時間 6分(20分まで記録可)
測定温度 37±0.3℃
キュベット φ7×50mm
スターラバー φ1×5mm
攪拌速度 1000rpm
電源電圧 AC100V 50/60Hz 60VA
寸法・重量 186(D)×313(W)×130(H)mm 3.5 Kg
pagetop

血小板凝集能測定装置 MCMヘマトレーサー712

血小板凝集能測定装置 MCMヘマトレーサー712
  • 血小板凝集能測定装置 MCMヘマトレーサー712カタログ PDFダウンロード
  • 血小板凝集能測定装置 MCMヘマトレーサー712カタログ PDFダウンロード

本機は、PRP法に基づく血小板凝集能検査のほか血小板凝集薬効測定にも使用できます。

  • 2濃度解析法(NSR-II)によって低コストで高精度なデ-タが得られます。
  • 正常、異常判定モ-ドと薬効判定モ-ドの2種類の解析法が搭載されております。
  • 正常判定モードでは測定結果を9クラスに分類し、亢進、正常、低下域と判定されます。
  • 薬効測定モードでは測定結果を9クラスに分類し、抗血小板薬の投与量が軽度、適度、過度領域に判定されます。

[ 届出番号 13B3X00029000712 ]
一般医療機器
特定保守管理医療機器

総販売元 (株)エル・エム・エス

測定原理 透過光検出による比濁法
測定チャンネル 12 チャンネル
検体量 200μL / ch(100μL / ch仕様 オ-ダ-可)
惹起剤添加量 22μL (11μL:100μL時)
測定時間 30分 最大
試薬保冷槽 4℃以下
キュベット φ7×50mm
スターラバー φ1×5mm
攪拌速度 1000rpm
電源電圧 AC100V 50/60Hz 180VA
寸法・重量 400(D)×520(W)×228(H)mm 15Kg
pagetop