製品情報

炎光光度計

炎光光度計 ANA-135

  • カタログPDFダウンロード
  • よくある質問はこちら

Na・K・Ca・Li の炎色反応から定量分析する炎光光度計です。

肥料、土壌中に含有されるNa・Kの分析に最適です。
炎の中で発光が強く表れる高さは元素により異なりますが、本装置は最も発光強度の高い位置に専用の受光器を配置することで元素相互の発光相互干渉を小さくしました。

思わぬ消炎時にはガス栓が自動ロックし警音を発します。

製品仕様

方式 干渉フィルター波長撰択 炎光光度法
試料消費量 0.15 ~ 0.2 ml / 10sec / 1回
寸法・重量 350W x 270H x 260Dmm / 10kg
付属品・他 コンプレッサー、テフロンチューブ、クリーニングワイヤ、試料セル

■用途

血清、尿、肥料、土壌、セメント、ガラス、パルプ、食品、水中のNa、K、Ca、Liの定量分析。

■主な仕向先・使用場所

臨床検査室、分析センター、窒業、セメント、ガラス、ソーダ製造工場、農業関係

よくあるご質問

「ブザーが鳴って炎が小さくなる。」を繰り返します。
炎が大きすぎると炎の下が透き通り、炎が消えたと消炎検知器が誤作動を起こし、ブザーがなります。誤作動なので炎は消えていないので、炎が小さくなりブザーが止まるまで繰り返します。炎の調整を行って下さい。
吸引しません。
1.排水ホースの先がバケツの水面についている。
2.吸引するテフロンチューブが折れている。
3.吸引するテフロンチューブに気泡がある。
4.ネブライザへ吸引するテフロンチューブの取り付けが浅い。
5.ネブライザが詰まっている。
感度が上がりません。
干渉フィルタの劣化が考えられます。
炎が安定しません。
混合室の劣化、破損、ネブライザの不良が考えられます。
Airの圧力が上がりません。
圧力調整器の不良が考えられます。
pagetop