製品情報

照度計

デジタル照度計 CANA-0010 ※ANA-F9の後継機となります。

  • カタログPDFダウンロード
  • よくある質問はこちら

「使いやすさ」と「正確さ」を追及した洗練の照度計

0.0ルクスから39,999ルクスのワイドレンジ

1000ルクス以下は表示分解能0.1ルクス(ホールド時)

即時とタイマーの2表示ホールドモード

オートパワーオフ機能

側面のワンボタンでシンプル操作

RS232Cデジタル出力標準装備

電源は単4乾電池2本(市販のNi-MH充電池もご利用いただけます)

JIS C1609-1:2006 一般形A級照度計
校正証明書、トレーサビリティ証明書など校正書類の発行可能

製品仕様

型式 CANA-0010 階級 JIS C 1609-1:2006
一般形A級照度計
受光素子 シリコンフォトダイオード 表示 5桁 液晶表示
測定周期 2回 / 秒 測定レンジ シングルレンジ
測定範囲 0.0~39,999Lx 直線性 ±5%
斜入光特効性 10°±1.5%,
30°±3%,
60°±10%,
80°±30%
可視域相対 応答度特性 標準分光視感効率からの外れ9%以内
疲労特性 ±2% 温度特性 ±5%
湿度特性 ±3% 使用温度・湿度 -10℃~40℃、80%RH
出力 RS232C
(専用コネクタ要:オプション)
電源 単4乾電池2個
(テスト用添付)
寸法 115H×61W×29D(mm) 重量 100g(乾電池内蔵時)

■用途

JIS照度基準に定められた室内・外の照度(明るさ)の管理

■主な仕向先・使用場所

建築関係、野外施設(スポーツ施設、広告、道路、航空交通等)、
屋内施設(住宅、事務所、学校、図書館、病院、美術館、博物館、スポーツ施設)

よくあるご質問

CANA-0010で検定は取得出来ますか?
CANA-0010は検定照度計(型式承認が取れている照度計)ではないため、検定は取得出来ません。
CANA-0010の校正期間(校正の間隔)はどのくらいですか?
メーカーとしては2年に1回を推奨しております。ISO審査の関係上1年に1回校正を行われている所有者様は多数いらっしゃいます。
東京光電でJCSS校正は出来ますか?
JCSSの認定業者ではないため出来ません。日本電気計器検定所を紹介しています。
CANA-0010でLEDは測定出来ますか?
測定可能です。JIS-C1609-1:2006 一般形A級、またはAA級準拠となります。パルス調光対応の機能はございません。
CANA-0010はOR(オーバーレンジ)表示が出ますか?
レンジ固定がされており、固定されているレンジより照度がオーバーしているとOR(オーバーレンジ)表示をします。レンジをオートレンジに切り替えて下さい。
pagetop